スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

深夜のファミレス

この間、深夜のファミレスで仕事してたら、
向こうの席から

「ムスカのようなナルシズム」

という声がやたら聞こえてきました。

すごい気になった。
スポンサーサイト

宮川泰さんの思い出

「恋のバカンス」など作曲宮川泰さん急死

http://www.nikkansports.com/entertainment/p-et-tp0-20060322-9986.html


私の通っていた中学校に、来られたことがあります。

校長が知り合いだという縁で、ジャズのコンサートに
来てくださったのです。

事前に「来るぞ」というプリントが配られたりして、
学校的に気合いが入ってました。

私も『ヤマト』の作曲家が来る、ということで──
当時のことはかなり鮮明に憶えています。

当日、全校生徒が集まった体育館で、宮川さんとバンドによる
コンサートが開かれました。

「恋のバカンス」や「ヤマト」も演奏してくださいましたが、
それよりもむしろ、
ステージ背景として使われた大きな絵──ホリゾントを
宮川さんが「わざわざ用意してくださって」と謝意を示されたことに対し、おそらく全員が、


(文化祭の使い回しなんです……)


と、気まずくなったこととか、

「ジャズでは、よい演奏のときには観客はその場で拍手するんです」
というレクチャーに従って、盛り上がったプレイ中みんなで拍手したとき、ピアノを弾きつつ立ち上がった宮川さんの──こちらを向いた溌剌とした笑顔が、とても印象深く残っています。

それからは毎年、紅白の最後で「蛍の光」を指揮するお姿を見るたび、

「ああ、宮川さんだー」

お元気そうだなぁ。と、その日のことを思い出していました。


心より、ご冥福をお祈りいたします。

公式サイト

ドラマCDの公式サイトです!

http://www.trinet-ent.com/triegg/index.html

おまけ

(※これは、下の『ドラマCDの収録に行きました』の続きです)

・収録のあと、声優さんのコメント録り。
 面白い! 思わず笑ってしまいました。

・そのあと、ブースで写真撮影。私も入って……
 緊張しました!

・そのあと、声優さんたちのインタビューを横で聞く。
 それぞれの幽霊観が語られました。まさか、石田彰さんが……!

・斎藤千和さんに、某アニメを「見てます」と言ったら、
「このあと、ここで収録なんですよー」
 そうなんだ。うわー、うわー。(興奮)

・そのあとスタッフさんと、明と桃香の幼少期を演じてくださった
 二宮圭美さん、篠原千佳さんと食事。
 篠原さんに「サイト、見ました」と言われ、激しく動揺したり、
 二宮さんは「このあと二本ラジオ録りです」とのことで、忙しいんだ なーと思ったり。



 あっというまのお時間でした。

ドラマCDの収録に行きました。

道に迷って遅刻するの巻。


2分くらいなので、まだよかったですが……。

あわただしくスタジオ入りし、
挨拶もそこそこに開始。

まず、役の声の調整から。
桃香、ちょいやわらかめ、
柚、もうちょい幼めでお願いします、などと
リクエストを出し──すんなり終了。

いや、ぴったりです。
完璧です。
声優さんはすごいです。

稲村優奈さん演じる柚は、私の中で
明確なイメージが定まっていなかったのに、
「これだ」と思いました。

折笠富美子さん演じる桃香は、ある程度イメージがあったのに、
「こっちの方がいい」と思いました。


と、そのとき──誰かが気づいたように、


「(石田彰さん演じる)明は、どうですかね?」

──!?

あまりにもぴったりだったから、逆に忘れていました。

「最初から『明』って感じでしたよね」

まったく、そのとおり。


収録が進む。

さすが一流の声優さんたちです。
本を正確に読み取り、こっちがリクエストを出したときも、
完璧に汲み取って修正してくれます。

むしろ、こちらがうまく口で説明しきれないことが数度あり、
大人のDSトレーニングが必要だと本気で思いました。

そして、収録も終盤にさしかかった頃──

驚くべきことが起こりました。

後半からENDまでのシーンでした。
原作から、かなりアレンジを加えた部分でもあります。

シークェンスの隙間に、「ぐすっ、ぐすっ」と鼻を
すする音が聞こえてきました。

その音は、ある声優さんがマイクから
離れるときに拾われます。

そうです。
その声優さんが、泣いてらっしゃったのです。

私はいたく心を打たれました。役者だ、と。

そして、脚本を書いた人間として冥利に尽きるな、と
思いました。


収録は無事終了しました。

長くなったので、続きは明日に。

ドラマCD情報

私の送った決定稿から作られたアフレコ台本に、
詳細なキャスト情報が載っていました。

先日、お知らせした石田彰さん、折笠富美子さん、
稲村優奈さんに加え、さらに──


斎藤千和さんが出演されます!!


びっくりしました!

斎藤さんといえば、「ネコミミモード♪」
「恥ずかしいセリフ禁止っ!」などの名文句で有名ですよね。

いやあ、ほんと豪華です。

脚本の方も、いい出来に仕上げられたと思っています。


たくさんの方の力添えがあり、これは、よい品になりそうです。

ついに買った!!

買いました!


ニンテンドーDSが空前のヒットになっている中、




ついに買いましたよ!!









…………いや。


………………あの、資料の関係で
ゲームボーイカラーのソフトをやる必要があって……。


……………………。


いいんですよ、べつに脳を鍛えなくたって、
スローライフを送らなくたって……。

逆転裁判できるもん。
マザー3もできるもん。


いいもん。

私の住む町

自転車が撤去されました。

丸二日も駅前に放置してしまっていたので、当然です。
完全な迷惑行為です。

なので先日、雨のそぼ降る中、保管所に
取りに行ったわけです。

先日の日記で書きましたが、私の住んでいる町は
怖ろしく丁寧でバリアフリーな町です。
ある意味、日本らしさが色濃く残る町です。

私の姿が見えたとたん、保管所の人は柔和な笑顔を
浮かべつつ、出迎えてくれました。

罰金を払い、書類に記入する私に、
濡れないよう傘を差しかけてくれました。

さらに、記入を終えて振り返ると──


別の人が、自転車を丁寧に磨いてくれていました。


この町に慣れると、たぶん、人としてダメになります。


(追記・本家サイトに、ドラマCDのおしらせがー)
プロフィール

七月 隆文

  • Author:七月 隆文


  • もの書き

    『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』
    『ケーキ王子の名推理』
    『天使は奇跡を希う』

    など。
◆メールフォーム(感想や  ご用はこちらに)

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。