スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手書きポップ置いてもらいました。

友達の書店に、手書きポップが置かれるよ!

重版も決まり、好調な滑り出しの『学園とセカイと楽園』

大学時代の友人にお願いして、手書きのポップを置かせてもらうことになりました!ヾ(≧∇≦)ノシ

京都にある「大垣書店」様というグループで、
そのうち5店舗に置いて頂けるそうです!

っていうか、初めてサイト見たけど、ほんとに大きなグループだな!
このひとつで店長やってる、俺の友達すげえ!

近日中に出ると思うので、
もし最寄りに店がある方は、探してみてください。(^▽^)ノ

(ひとつずつに細かい差があったりなかったりなので、
確かめられれば、確かめると面白いかも?)


スポンサーサイト

『学園とセカイと楽園』重版決まりました!!

『学園とセカイと楽園』重版決まりました!!
ヾ(≧∇≦)ノシ



ありがとうございます! 買ってくださったみなさんのおかげです!!

発売日から3日でなんて……素敵すぎる!


『その学園で起こった出来事が、世界規模で再現される』
魔法の学校────《楽園(がくえん)



世界各国の少年少女が、未来の歴史をかけて戦う、剣と魔法と学園もの!

ぜひぜひ読んでみてください!

日本はじまった! そんな内容です!(^-^*)

学園とセカイと楽園(がくえん) (MF文庫 J な 5-1)学園とセカイと楽園(がくえん) (MF文庫 J な 5-1)
(2010/04/21)
七月隆文

商品詳細を見る

3Dヤバい。~いつものハートキャッチ・プリキュア

P1040048.png





CDについてた、これで使えるカードなのですが……

一緒にダンスしてぇー!

娘……いや、姪がいれば! 姪がいれば合法的(?)にダンスできるのに!

なんで俺にはどっちもいないんだ!!

リンク先の動画も絡め、アニメ本編のエンディングを観ていて思ったのですが……

最近の3Dアニメ表現は、シャレにならなくなってきている気が。

何がシャレにならないかというと、リアリティのレベル。

外見とか、動きとか、表情・仕草のあり方が、もうアニメと
まったく違和感がありません。

というより、実際の人間の動きをトレースして、
3D空間で表現されている分、アニメにはない
独特の生命感が加えられているように感じます。

そのリアリティのレベルが、ここ最近、急激に上がってきたように思うのです。(アイマス以降か)

簡単に言えば、魅力的すぎる。
たまに「危険だ」と感じるくらい。

あれは、すごく耽溺を起こしやすいんじゃないかと、少し不安になります。

さらに、3Dテレビとかで表現されるようになったらどうなるんだ。

俺、自信ないぞ。

好きな作家には会いたくない。ということについて。

なんだこのアクセス数は!?

と思ったら……先日の『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』
についてふれた日記を、桐乃がツイッターで取り上げてくれたのか!

びっくり。つーか早え!

ちなみに桐乃も好きです。
なんだかんだ言って、かわいい。

黒猫は……萌えというより、桐乃との友情描写が好きだな。
5巻の終わりはジンときた。

「料理に自信がある」という桐乃のツイートを見て、
本当のところは知りませんが、以下妄想。

・地味子に対抗するため、兄の見てないところでこっそり上達した
 けど、あえて披露はしてない……とか考えると萌える。

・逆に、地味子への過剰な対抗心から「あいつと同じにはならない!」
 と、あえて下手なまま……というのもいいなぁ。

お菓子作りは得意と聞いた。


よし、せっかくなんで、ちょっと真面目な話もしよう。


私は今、できれば会いたくないラノベ作家が数名います。

その一人が、伏見つかささんです。

大好きな作品を書いている、大好きな作家です。

もちろん好きだから会いたいです。

でも、会いたくない。

なぜか。(ツンデレ? 違うよ!)

じゃあ、会ったとする。

同じ業界だし、ツテをたどれば会うこと自体は不可能ではないでしょう。
一緒に飲んだりも、たぶんできる。

で、たとえばそのとき、私がうっかり何か失言してしまったりする。

こうなると、もうダメです。

私は家に帰って、

(あああなんであのとき、あんなことを言ってしまったんだー!)

と、布団の中でじたばたすることになります。

相手が気にしていなかったとしても、私はずっと引きずって、
その人の作品を読むたびに、そのときのことを思い出してしまう。

作品を楽しめなくなるわけです。

だから、好きな作家には、できるだけ会いたくない。

近年、そういう感覚が芽生えました。


(と言いつつ、伏見さんとは一度お会いしたことがあります。電撃の映画を一緒に観に行きました。でも、あんまり話せなかったし、俺妹を出す前だったのでセーフ!w)

万一、また会ったら、

「1巻の終盤に、桐乃が親父の前でDVD落としたのって、わざとですか?」

とでも訊こうかな。


伏見さん、続き楽しみにしてるよ!

応援してるよ!

売り切れです。

『天使郷 -ヘブン-』特典テレカつきセット
たくさんお申し込み頂き、ありがとうございました……!

おかげさまで、受付期間を待たずして売切れとなりました!!

ありがとうございました!ヾ(≧∇≦)ノシ

そして、みけおうさんのブログを見て来てくださった方には、
申し訳ありません……。
諸々のコストを考えると、これ以上の数は厳しいんです……。

お申し込み頂いた方は、来月に届くのを楽しみに待っていてください!

ではでは。(^▽^)ノ

見吉と地味子~バクマン。と俺の妹がこんなに可愛いわけがない~


私が毎回楽しみに読んでいるラノベのひとつに
『俺の妹がこんなに可愛いわけがない(電撃文庫)』があります。

登場するヒロインの中で私は、地味子ことベルフェゴールが
好きなのですが、どうも彼女は人気が低いようですね……。

ジャンプの『バクマン。』だと見吉が好きなのですが、
こちらも人気は低いよう。

なぜ、私が好きになるヒロインは人気が低いのか?

それを考えたとき、ひとつの仮説が浮かびました。

両者には共通点があります。

・普通であること
・家庭的であること


それに対し、メインヒロインというのは、だいたいこの逆であって、
つまり、

・普通でない

わけです。

キャラを立てるため、外見・性格をはじめとした
「特殊な何か」が与えられています。

特異な境遇だったり、変わった性格だったり、
人外の力を持っていたりするわけです。

これは作品の中では魅力として輝くわけですが、
しかし「リアルにいる」と考えたらどうだろう。

いるだけならまだしも、自分が交際する相手だったり、
お嫁さんにするとしたらどうだろう。


リアルにシミュレートしてみると……厳しい部分があるのではないだろうか。


そこまで考えて、気づいたのです。


私が、ベルフェゴールや見吉を好きなのは、
「実際に付き合うなら・結婚するなら」という基準で
見ていたからではないか。

亜豆や桐乃と違い、家庭的で、人格的にも付き合いやすそうな
彼女たちを、

「こんな子が、彼女(お嫁さん)だったらいいなぁ」

とリアルな目線で見ていたからこそなのだと。


この「リアルに」というのが最大の分かれ目だと思います。

見吉にも地味子にも、支持者はいるわけですが、
私の見る限り、いずれも年齢層の高いところに集まっているような
印象を受けました。
(たしか地味子の方は、公式でそういう言及がされていたような)

そのことを踏まえて、私の思う「分かれ目」をひとことで言うと、
ずばり、


「結婚をリアルに意識したことがあるか」


そういう年齢・時期に達しているかどうか。

……そう考えると、彼女たちが不人気な理由は明らかです。

ラノベ、ジャンプ、ともに主な読者層である中高生は、
そういう年齢・時期に達していない。

そういう発想でヒロインを見ない。
見たとしても、あまり生々しくはならない。

なので素直に、作品の中で「立っている」華やかなヒロインに
惹かれる。

というわけです。


つまり、まとめると、作品のキャラクターに対して、そんな
リアルシミュレートを行っている私は、
着実に病が進行しているというわけです。


わかりましたね。

マクドナルド午前2時

通販、25日を待たずして締め切らせて頂くかもです。
たくさんのお申し込み、本当にありがとうございます……!!


今日の明け方前、仕事帰りにマックに寄ったのですよ。

持ち帰りのバーガーを買おうと思って。

「ハンバーガーと、マックポークと、マックチキン! 牛豚鳥のバーガー3つでたった300円! お得だぜ! ひゃっほう!」

などと思いつつ行きました。

すると、

深夜2時に、社員の店長が働いていました。

(たまに仕事場として使うので、顔を覚えた)

レジで対応してくれたのですが、その笑顔に隠しようのない深い
疲労の影。


私は、安くてお得な300円の買い物をしようとして……


「……てりやきのセットを下さい」


できなかったよ。

ほんとに大変なんだな。

通販開始しました! ハートキャッチ!

どうも、七月です。

お待たせしました!

4月1日から通販開始しました!!


まずは私、七月隆文が全て1人で制作した同人ギャルゲ──

●『天使郷 -ヘブン-』


そして、その音楽・全42曲を2枚組に収録した──

●『天使郷 -オリジナルサウンドトラック-』



以上、2点を通販させて頂きます!

そしてそして!

2点をセット購入された方に、すごい特典を用意しました!!


なんと……



ヘブン-特典テレカ-












みけおうさん描き下ろしテレカ!


はっきり言ってコストが苦しいですが、七月はがんばりました!
エイプリルフールじゃないです!

「みんなに喜ばれる特典をつけたい」


ということで、みけおうさんに依頼したところ、
快く引き受けてくださいました! お忙しい中、本当にありがとうございました!ヾ(≧∇≦)ノシ

通販フォームはこちらです!

プロフィール

七月 隆文

  • Author:七月 隆文


  • もの書き

    『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』
    『ケーキ王子の名推理』
    『天使は奇跡を希う』

    など。
◆メールフォーム(感想や  ご用はこちらに)

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。