なぜ、ラノベ作家が同人ギャルゲを?

私のライトノベルデビュー作となった『Astral』は、
もとはギャルゲの企画書として作製したものでした。


それくらいに、ギャルゲが好きなのです。

なんとなく気になって買った『ときめきメモリアル』のオールコンプに
10代最後の夏を費やし、

『Kanon』の真琴シナリオで泣きまくった……というふうに。

だから、自分でも作りたくなったんです。


[選択肢] (ギャルゲっぽい!)

なるほど、よくわかった。

もうちょい、詳しく。
スポンサーサイト
プロフィール

七月 隆文

  • Author:七月 隆文


  • もの書き

    『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』
    『ケーキ王子の名推理』
    『天使は奇跡を希う』

    など。
◆メールフォーム(感想や  ご用はこちらに)

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク