スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ、ラノベ作家がギャルゲを? その2

作りたいという気持ちは、かなり早くからありましたが、
ゲーム会社への就職が成功せず、その欲求は
ずっとお蔵入りになっていました。

そこで、また──衝撃的な作品に出会いました。


同人ゲーム、『月姫』『ひぐらしのなく頃に』です。


いずれも、心揺さぶられる作品でした。

しかも、どちらの作品もきわめて少人数──ほぼ個人で作れることが、強く印象に残りました。

同時に、NScripterを用いたゲーム作品・表現手段を意識しはじめました。

ツールによって、個人規模でゲームが作れる……

いい時代になったものだ!

胸の中にしまわれていた「ゲーム作りたい!」という
思いが、再び熱くこみ上げてきました。


さらに、決め手となった出会いがあります。

『月追いの都市』という、音楽を中心とした同人作品です。


この作品を手にしたとき、その端々に溢れる

「やりたいことを!」

という熱にふれ……商業で長くやっているうち忘れていた
感覚があったことを思い出さされました。

(頭を殴られるような、痛みでした)

どれも、素晴らしい作品でした。


それから少ししたある日、ふと、

自分のスキルや趣味を合わせれば、

ひとりでゲームが作れるかもしれない
──と、気づきました。


……これは面白そうだ。

シナリオと、音楽と、絵と、他の全部を、自分ひとりでやる。


他にやった人、いないんじゃないか……?

少なくとも、完成させた人は知らない。



やらねば!!


そういう挑戦が、同人という場なら可能なんだ──!


それで、どれだけ人を楽しませることができるか?


そういう気持ちで、このゲームを作っています。


『天使郷(ヘブン)』の体験版を、どうかどうか、楽しんでやってください。


ひとときの暇つぶしや、息抜きになれば、何よりも幸いです。






体験版の制作に取りかかった、6月13日から今日までつけていた制作日記です。
もし興味があれば、どうぞ。

長い&かなり素のノリで書いているので、ここの文章とは、だいぶ雰囲気が違います。

ご了承を。(=´▽`)ゞ




体験版制作日記 (テキストファイル)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。