スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明け方の酔っ払い

七月です。

酔っ払いを見ました。

明け方、ファミレスで仕事していたら、
注文を済ませるなり爆睡した客が。

1時間後ぐらいに起きて、店内を少しあるいたあと、
テーブルに戻ってまた寝ました。

でもそこは一つ前のテーブルで、別のお客さんが
モーニングを食べていたところでした。(私は、そのひとつ後ろの席)

モーニングを食べていたおじいさんは、
何も言わず、何事もないように食事を続ける。
まあ、そうするしかないよなぁ。

それから酔っ払いが身じろぎして、伝票立てとか上着を落としてしまいました。

と、酔っ払いが起きて、歩き、床の伝票立てを拾いました。

きちんとテーブルに戻し、上着も元のようにイスにかける。

そこまでちゃんと行動しといて……でも寝るのはまた、
おじいさんがモーニングを食べてる席。

落ちた物は拾えるのに、テーブルの間違いは気づかない。

すぐ目の前で他人がモーニング食べてて、それが視界に入ってるはずなのに、気づかない。

認識すらしてないような感じ。


不思議だなぁと思いながら、仕事してました。
スポンサーサイト
プロフィール

七月 隆文

  • Author:七月 隆文


  • もの書き

    『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』
    『ケーキ王子の名推理』
    『天使は奇跡を希う』

    など。
◆メールフォーム(感想や  ご用はこちらに)

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。