スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前回に引き続き、ファイアーエムブレム覚醒

七月です。

前回に引き続き、ファイアーエムブレム覚醒の話だよ!


話の設定面でスマートなところがありました。

このゲームは『結婚システム』という聖戦の系譜のオマージュを導入しました。

聖戦の系譜では、シナリオの途中で年月が過ぎて『親時代→(結婚によって生まれた)子供時代』と、ほぼ完全にキャラが入れ替わります。

ですが、覚醒はその『キャラの入れ替わり』を避けたかったようです。

でも、子供は参戦させたい!

……という『システム面の要求』から、あのシナリオ設定になったのでしょう。
そのへんがゲームのシナリオとしてうまい処理だと思ったし、プロな感じで素敵でした。

あと、絵について、各キャラの子供が、ちゃんと「そうだ」と思える
ヴィジュアル面の説得力があったこともなにげによかった。


サーリャとセレナと、チキがお気に入りです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。