ドラクエ3のCD

もう新学期なんですね!

そんなことがまったく関係のない私は(笑)、ドラクエ3のロンドンフィル版を買ったりしました。

最初に出たN響版も持っていて、それは私が生涯2番目に買ったCDだったり。
ゲームサントラでたぶん唯一オリコン一位になったものです。

あの頃は、小学生だったなあ……。

というわけで、両者を聴き比べてみましたよ。
以下はそんな話なので、興味のない方はスルーで。(^▽^)丿

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000051TBQ/ref=pd_ecc_rvi_2/250-1763571-0315443

まずは、音の印象が違います。

ロンフィル版は空間的な広がりを持たせた音で、いかにも「クラシック」という感じになっています。

一方、N響版は逆に空間を狭め、こじんまりとまとめた感じの──「ポップス」っぽいミキシングをしているのですね。

そういう違い。

音に関してはロンフィル版が圧倒的にいいです。
が、N響のポップスっぽさは「聴きやすい・親しみやすい」につながるので、こちらがドラクエらしいといえば、そんな感じです。

【結論】N響版をすでに持ってる人は、あまり買う必要はありません。
    N響版を持っておらず、3のプレイ経験のある人にはお勧め!



 中でも、「おおぞらをとぶ」が、音質の高さとロンフィルの生っぽい演奏が奏功し、とてもよいものになっています。
 曲がいくつか足されているのは、賛否両論かなぁ。
スポンサーサイト
プロフィール

七月 隆文

  • Author:七月 隆文


  • もの書き

    『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』
    『ケーキ王子の名推理』
    『天使は奇跡を希う』

    など。
◆メールフォーム(感想や  ご用はこちらに)

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク