スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

略して『残肉』

いきなりですが──

4コマ漫画の原作を始めます!

名称未設定-1



一迅社『まんが4コマぱれっと』にて!


作品のタイトルは、

『残念肉食ウサ子さん』

です!


作画は、葉乃はるかさん!

7月発売の雑誌から連載スタートです。

ぜひチェックしてみて下さい!



一迅社文庫大賞の授賞式

IMAG0373.jpg


先日行われた一迅社文庫大賞の授賞パーティーで、PS VITAを頂きました!


ビンゴ大会をやったのですが、PS4とかディズニーのペアチケットもあったりして、けっこう豪華でした(´∇`)

庶民サンプル、白いお皿抽選会!

5巻の帯で告知した
『白いお皿プレゼント』の抽選会を行いました!!
https://twitter.com/syomin_sample

リアルタイムで、打ち合わせの最中にツイートしました。

当選した方、おめでとうございます! お待たせしました!

さてさて、

今月は、小説7巻とコミックス3巻が発売されます!

公人の謎とは!?
ドラマCDの『筋肉の森』とは!?

そして、コミックスでは白亜が大活躍! ゆるゆりもあるよ!


さらにさらに!


合同キャンペーンとして、なんと可憐のニーソをプレゼント!

詳細はこちら!
http://blog.livedoor.jp/geek/archives/51410265.html



そして!!


7巻の画像が、アマゾンさんで公開されました!


俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」として拉致られた件7 ドラマCD付特装版 (一迅社文庫)俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」として拉致られた件7 ドラマCD付特装版 (一迅社文庫)
(2013/09/20)
七月 隆文

商品詳細を見る


どうっすか! 特装版のこの迫力!!

閏さん、渾身の肉感です!


そして通常版は……!







俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」として拉致られた件7 (一迅社文庫)俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」として拉致られた件7 (一迅社文庫)
(2013/09/20)
七月 隆文

商品詳細を見る




……うん、まあ、うん。


9月20日に発売です!

好きな方を買ってね?

時の鐘、川越に行ってきたよ!

時の鐘、川越に行ってきたよ!

※川越とは

小江戸と言われる、埼玉の観光地。最近、「神様はじめました」とコラボした。


パスポートの更新のためだったのですが、いい機会なので観光しました。(´∇`)

CIMG0880.jpg


駅から降りる!


CIMG0843.jpg


09がある!

あると言ったら、ある!


CIMG0844.jpg


地元の名店に寄った! カレー屋!


CIMG0846.jpg


欧風カレーに梅干しがのってるカオス!

味は、濃厚で美味しかったです。


CIMG0878.jpg


観光地へ向かう順路にアニメイトがあるカオス!

妙齢のレディ2人が吸い込まれていったよ!


CIMG0847.jpg


土産物屋が混じりつつ、普通の商店街!


CIMG0848.jpg


仕事しやすそうな喫茶店がちらほら。



CIMG0854.jpg


この趣がある建物は、銀行に使われていました。

そして……!



CIMG0853.jpg


メインストリート! 小江戸!!


CIMG0855.jpg


         あ、あれこそが……


CIMG0867.jpg


            時の鐘!!!!!!


CIMG0874.jpg


神社になっていて、境内にはブランコが!


CIMG0875.jpg


中から振り返ると、こんな感じ!

見ての通り、普通の家が境内にたってるよ!



◆感想◆

時の鐘は、写真だと大きく見えるけど、
実際に見るとスモールです。

あれです。たぶん●ッ●●観光地の部類に入ります。


『小江戸』の町並みに雰囲気はあります。

が、そのメインストリートが車の走りまくっている車道なのが残念です。

もう、ほんとに落ち着かない。

ゴールデンウィークとかは、歩行者天国にするみたいですが、
せめて土日もやった方がいいのでは……と思いました。

そしたら、ここはぐっとよくなります。


CIMG0850.jpg

帰りに、道沿いの古民家カフェに寄って、仕事しました!

CIMG0876.jpg


このコーヒーが、意外なほど旨かった。

川越にお立ち寄りのさいは、ぜひ飲んでみて下さい!

メインストリートに向かう途中にあるので、すぐにわかると思います。

風立ちぬを観ました【ネタバレなし】

『風立ちぬ』を観てきました!

私のように、結婚を意識する年頃には刺さる内容でした。

ラストのあたりは、泣きそうになりましたよ。

退屈なくだりも多いし、シーンの運び方への疑問、説明不足、
ツッコミどころはたくさんあります。

でもそれでも、宮崎作品にはどこかに「すごくいいところ」が
必ずあって、さすがだなぁと感じます。

菜穂子と妹は檄萌です。
プロフィール

七月 隆文

  • Author:七月 隆文


  • もの書き

    『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』
    『ケーキ王子の名推理』
    『天使は奇跡を希う』

    など。
◆メールフォーム(感想や  ご用はこちらに)

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。